学芸大学駅で27歳独身OLをナンパ

こんばんは、Yujiです。

 

昨日は人妻さんと2回戦やってしぼりとられました、、。

 

やっぱり連続はきつい。

 

 

さて、今日はストリートナンパでいこうかなと思い

 

学芸大学駅へ。

 

今日はナンパ実録でも、と思い

 

録音をしたので詳細をお伝えできますが、

 

無駄に長いので困りました^^;

 

 

東横線、学芸大学

 

ここも良い街ですね。

 

駅前の商店街はかなり賑わっていますが

 

少し離れると閑静な住宅街もあり、公園もあり。

 

東横線の渋谷から自由が丘

(渋谷、代官山、中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘)

は個人的に好きでよく遊んだりします。

 

そして家賃はかなり高い。

 

かなり人気のエリアですからね。

 

 

さて、本日は学芸大学駅ですが、渋谷、新宿等と比べると

 

当然ナンパ師は少ない。

 

というか僕以外見当たらない^^;

 

 

普通にナンパ開始しました。

 

ドラッグストア、本屋、靴屋、などで

 

声をかけるもなかなかうまくいかず。。

 

 

10人目ぐらい、某ショップにて声をかけた女性でやっと。

 

何のショップかを言ってしまうとかなり特定されてしまうので

 

伏せておきますm(__)m

 

 

ショップにいる女性客に声をかける

 

お店にいる店員、ではなく、良い人そうな女性客に声をかける。

 

ショートカット黒髪美人。ジーンズ。

 

「あのー、ごめんなさい、ちょっと聞きたいんですけど。」

 

「・・・はい?」

 

「あ、ごめんなさいね。ちょっと女性の意見を聞きたくて。

 

 少しだけ聞いていいですか?」

 

「ああ、いいですよ^^」

 

「ありがとうございます。会社の女性の上司に●●をプレゼントしたいんですけど

 

 正直、僕全然センスなくて^^;」

 

「あー、、確かに好みがありますからね。

 

 上司は何歳なんですか?」

 

「42歳です。」

 

「だったらこれとか、、」

 

 

これからあーでもないこーでもないと、この女性にアドバイスをもらいながら

 

品物を決めます。

 

 

「これでいいかな、、。

 

 ていうか、めっちゃいい人ですね(笑)

 

 いきなり話しかけちゃって、、ほんとすんません、ありがとうございます」

 

「いえ、私ごときのセンスなんで、、(笑)」

 

「とんでもない、すごく助かりました^^

 

 あのー、ちょっとお時間あります?

 

 よかったらちょっとだけお茶しませんか?」

 

「いえ、そんな、お気を遣わずに、、」

 

「いやいや、あの、何かお礼しないと気が済まないんで。

 

 ほんの10分でも。甘い物好きですか?」

 

「えー、、じゃあお言葉に甘えて、、^^;」

 

「OKっす。じゃあちょっと出ますか。」

 

 

近くのカフェに移動

 

場所移動。

 

カフェが混んでましたが、5分ほど待って座れました。

 

 

さて、この女性R子さん。

 

27歳

OL(営業事務)

独身

160cm

52キロ

ショートカット

さわやかな美人。

スポーツやってそうな感じ。

推定Cカップ。

 

 

「よくこの辺に来るんすか?」

 

「はい、ていうか家が近くなんですよ。」

 

「あ、そうなんだ。家賃高くない?」

 

「うーん、高いけど、ワンルームだからそんなに負担じゃないかも。」

 

 

だんだんお互いタメ口になってく。

 

 

「この辺いいとこだよね。R子さんは、出身は?」

 

「出身は新潟。」

 

「あ、新潟?いつ東京に来たの?」

 

「大学から。」

 

「あー、じゃあそのままこっちで就職したんだ。」

 

 

他愛のない会話が続く。

 

最初は10分と言っていたのに、2時間近くおしゃべり。

 

 

「あ、もうこんな時間か。

 

 あのさ、よかったらちょっと早いけど晩御飯いかない?おごるよ。

 

 お腹減ってない?」

 

「うん、いいよ。ぜひぜひ。」

 

「マジで?予定とか大丈夫?」

 

「うん、大丈夫。」

 

「暇人だね(笑)」

 

「うるさい(笑)」

 

居酒屋に移動

 

で、美味しい居酒屋が渋谷にあると言い張り

 

電車で渋谷に移動。

 

当然個室のある居酒屋ね。

 

居酒屋で2時間ほど過ごし。

(僕は生ビール1杯のみ、R子ちゃんはカクテル1杯、梅酒1杯)

 

J-POPの話題で盛り上がり、そのままカラオケへ。

 

カラオケに移動

 

お互い2曲ずつ歌い、、

 

あ、時々

 

「女の子とカラオケ行って、何歌ったらいいかわかりません!」

 

とか質問もらいますが、そんなもん僕もわかりません^^;

 

歌える歌、得意な歌を歌えばいいと思います。

 

 

まあ、できれば

 

女の子も知ってる歌、がいいでしょう。

 

 

あとドン引きされない歌、ムードを壊さない歌で。

 

無理にラブバラードを歌わなくてもいいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに僕はDEEN、FIELD OF VIEWが多いです(笑)

 

あとはサザンとかミスチルとか、、メジャーどころで。

 

 

ちなみに今回は

 

WANDSの「もっと強く君を抱きしめたなら」「世界が終わるまでは」

 

でした。

 

R子ちゃんがスラムダンク大好きだったのでね(笑)

 

まあ、なんでもいいと思います。

 

深く考えすぎないように。

 

 

あ、間違っても

 

おぼっちゃまくん

 

とか

 

花さか天使テンテンくん

 

とかは、やめてくださいね。(わかるよね?)

 

 

すみません、脱線しました。

 

 

で、、歌もほどほどに

 

密着して座る。

 

軽く肩をマッサージ

 

 

肩を抱き寄せてみる

 

 

髪を触る

 

 

手を握る

 

 

目を見る

 

 

、、、ところが、恥ずかしいのか、下向いて、目を合わせてくれない(笑)

 

たぶん、目を合わせたらキスされるとわかってるんでしょうね。

 

 

「ごめん、恥ずかしい?」

 

「、、、うん(笑)」

 

「実は、俺も緊張してます(笑)

 

 変な汗出てきた(笑)」

 

「あはは、私も^^」

 

ガバッっと抱きしめてみる。

 

で、ちょっと身体離して、

 

あらためてキス。

 

 

今度はOK。

 

しばらく密着して手をつないだままキス。(そこそこディープ)

 

「もうちょっと一緒にいる時間ある?」

 

「、、、うん。」

 

カラオケを出て次の場所へ。

 

 

ラブホテルへ移動

 

言葉数も少なめ。

 

手をつないでラブホテルへ。

 

 

お互いシャワーを浴びて、ベッドへ。

 

R子ちゃんはとても足が長くスタイルが良い上に

 

めちゃくちゃ身体がやわらかいので

 

正上位のときなど足を広げまくったりして興奮しました。

 

 

セックス後

 

「今日会ったばかりなのに、、なんか変な感じ。」

 

「そう?」

 

「その、、こんな風になったの初めてだよ。」

 

 

「私は本当は軽い女じゃない」と言い訳をしたいんですよね。

 

特に女性はそうです。

 

 

「俺も初めてだよ(大うそ)。

 

 なんか、R子ちゃんといると楽しくて。」

 

 

 

帰宅

 

また会う約束をしてお互い帰宅。

 

とても美人で良い子のR子ちゃんと最後までいけたのは

 

自分的に最高でした。

 

 

しかし、、かなりの出費^^;

 

・カフェ 1500円

・居酒屋 6500円

・カラオケ 2500円

・ラブホテル 4000円

 

まあ、でもこれでセフレができたと思えば安いか。

 

セフレにできるかどうかはこれから次第ですが。

 

 

また報告しますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です