お金がモノを言うときもある。でも使いどころです。

こんにちは、Yujiです。

 

僕は3月で今の職場を辞め、

 

4月から別の会社で働くことになっております。

 

まあ普通の転職です。

 

 

ですが、今の会社は実は超大手企業です。

 

CMもガンガンやってますし

 

ほとんどの方が名前を知ってる企業だと思います。

 

増収増益、株価もかなり上がっています。

 

超安定企業。

 

それでも、なぜ僕が退職するか。

 

 

それは

 

給与がよくないから

 

です。

 

 

会社が儲かっていることと

 

社員に還元されることは

 

関係ないんですよね^^;

 

 

僕が勤めている支社は超都会のど真ん中にあります。

 

支社の人数は200人ぐらい。

 

でも、東京23区に住んでいる人はほとんどいません。

 

都下、埼玉、千葉、神奈川から

 

かなりの時間を使って通勤しています。

 

 

それは、給与が安くて、家賃にお金をかけられないからです。

 

 

僕は他の会社から転職してきたのですが

 

確かに今の会社は給与は安いです(笑)

 

でも僕はいろいろ副業もあったし

 

前の会社で貯めた貯金もあったし

 

会社の給与だけで決めるタイプでは

 

なかったので、入社しました。

 

 

でも、ずっとこの会社で勤めている人は

 

「安月給だから子供なんか作れない」

 

「30年勤めてるけどいまだに奥さんに

 「なんでこんなに給料安いの?」って

 言われるよ」

 

と愚痴ったり、

 

僕の入社初日に

「Yujiくん、なんでウチの会社はいっちゃったの?」

 

などと言ってくる人もいました(笑)

 

超大手企業が、社員満足度が高いというわけでは

 

ありませんからね。

 

 

でもまあ、自社の悪口なんてどこにでもあること、、

 

と思っていたら

 

あれま、ほんとに給料低いし上がらないな、と

 

気づきました(笑)

 

 

おごってはくれない

 

でね、普通、上司と飲みに行ったりすると

 

たいてい上司が多めに払ったりするじゃないですか。

 

でもそういうのがほとんどないんですよ。

 

 

僕は年下の男でも女でも、ランチやお茶したときは

 

必ずおごるし、飲みだったら多めに払います。

 

 

別にそれがえらいとかそういうことではありません。

 

ただね、会社の女の子に言われました。

 

「必ずおごってくれるのって、Yujiさんだけですよ」

 

へーー、そうなんだ。。

 

これは周りがしょぼいから

 

僕が相対的に良く見えちゃってる現象?(笑)

 

 

この会社にいて

 

ちょっと羽振りの良いキャラになれたら

 

そりゃ目立つな、、と思ったのですが

 

いかんせん給料が安い^^;

 

今は僕も経済的に困っていませんが

 

長い目でみたらこの会社で豊かな暮らしはできないな、、

 

と感じまして転職をするに至ったわけです。

 

 

今まで会社の同僚には手を出してきませんでしたが

 

転職が決まってから

 

同僚ふたりとエッチしました。

 

 

ベタだけど

 

夜景の見えるレストランでデートしてから(笑)

 

 

女に貢いだり、それほど高いディナーを

 

ご馳走したりしてないけど

 

うちの会社の女の子たちには新鮮だったんですね。

 

ちょっとお金を使って、「他の人とは違う」

 

と思われる。

 

これ大事です。

 

 

ちょっとお金を使うだけで

 

周りから抜け出せちゃったんですね。

 

 

値段より回数

「Yujiの周りはたまたま安月給だらけだったから

 

そういう手が使えたんでしょ」

 

と思われる方もいるかもしれませんが

 

ここには多少の戦略があります。

 

 

値段ではなく回数です。

 

 

僕は「おごってくれる人」と

 

女の子から思われていましたが

 

大したことないですよ。

 

 

ドトールとかスタバとか、

 

ランチとかですよ。

 

200~800円ぐらいのもんです。

 

じゃあ仮に平均500円としましょう。

 

10回おごっても5000円です。

 

 

これが飲み会だったら?

 

おごるとしたら1回で3000円~5000円

 

支払いますよね。

 

 

これ、絶対に500円を10回おごったほうがいいです。

 

ランチェスターの法則にも似てるんですけど

(経営戦略です)

 

10回おごるということは

 

10回時間を共に過ごしてるということです。

 

1回よりも新密度、こちらに対する安心感が違います。

 

500円ならこちらも負担が少ないです。

 

5000円だと、こっちが気にしちゃうんですよ。

 

恩着せがましくなりやすいというかね。

 

 

コーヒーやランチ代ぐらいなら

 

こっちも気にしないじゃないですか。

 

 

ざっくり、僕の感覚だと

(会社の後輩の女の子)

 

お茶、ランチ 12回 6000円

 

飲み会 3回 10000円

 

デートディナー 1回 8000円

 

おごった金額はこんなもんです。

 

2万4千円です。

 

これで、やろうと思えばセフレになることもできます。

 

2万4千円で一瞬でセフレが出来上がるわけではありませんが

 

たぶん、世の中の男性が意中の女の子を狙う時

 

もっともっとお金をかけていると思います。

 

 

でも、

 

お金をかけるのは付き合ってからでいいです。

 

付き合うまでに燃え尽きないようにしてください。

 

僕は付き合ってからもあまりお金はかけませんが。

 

 

お金をかけなければ興味を持たれないのであれば

 

あなたのことが好きなのではなくて

 

お金目当てと思われてるだけです。

 

 

お金を使うことで僕みたいに

 

ちょこっと有利に働くこともあるけど

 

やっぱり自分自身に興味を持たれないとね、

 

っていつもの話に戻っちゃいますね^^

 

 

お金は慢性的にばらまくのではなくて

 

考えて使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です