女の子との会話を盛り上げる2つのテクニック

キャプチャ11

こんばんは、Yujiです。

 

「女にモテる会話術」なるものが世の中にたくさん出回ってます。

 

僕も山のように読み漁りました。

 

役に立たないモノももあれば非常に使えるモノもありました。

 

 

「何か参考になる本とかありますか?」

 

などよく聞かれるのですが

 

僕に役に立ったからといって

 

他の人に役に立つかどうかはわからない、というのも

 

正直なところです。

 

それでも良い本などはたくさんありますけどね。

 

 

女の子との会話のコツ

 

仕事や営業でのトークと女の子とのトークはまた違います。

 

当然ですよね。

 

(もちろん共通しているところもありますが)

 

 

ちょっと覚えておいた方がいいかなというコツをお伝えします。

 

基本はなごやかな空気を作る、笑いを取ることです。

 

 

ひとつ目は

 

軽い自虐ネタ

 

です。

 

特に身体的コンプレックスで笑いを取れるといいですね。

 

頭の薄い人が「薄い」「激しい」などの言葉に

 

過敏に反応する。

 

(「誰かハゲって言った!?」など)

 

 

背の低い人が

 

「待ち合わせでいつも見つけてもらえないんだよ~」

「この前ビッグサンダーマウンテンの身長制限ひっかかったわ」

 

など。

 

 

軽いコンプレックスの軽い自虐ネタで

 

笑いを取れる人はほぼモテます。

 

余裕のある男と見られます。

 

 

逆に「そのことに触れさせないオーラをだす奴」

 

はダメですね。

 

周りに気を遣わせて、楽しくなりません。

 

「気にしてんだから、言うなよ!」

 

みたいな男は小さいです。

 

小さい男はモテない、、とは言いませんが

 

モテにくいです。

 

 

ただ、自虐ネタと言っても、重すぎるのはダメです。

 

「笑えない」とシリアスな空気になりますからね。

 

 

二つ目は

 

褒めて落とす

 

です。

 

「キレイだよねー」

 

と言っておいて

 

「俺よくB専て言われるんだけど」

 

などと言えば

 

「えー、ひどーい 笑」

 

と言いつつも打ち解けられます。

 

よく言われる「イジる」会話ですね。

 

まあ、これもウザくならない程度にですね。

 

 

僕は紫色の服を着ている女性には

 

「素敵な服ですね」

 

と褒めておいて

 

「ナス、、みたいですね」

 

などと言ってちょっとガッカリさせます。

 

 

いくつかパターンを持っておくのもとてもいいですよ。

 

 

 

会話の力をつけるのって、経験を積むしかないんですけど

 

インプットも大事です。

 

ずーっとつまらない引出ししかない人は

 

いくら女性と話しても楽しませることができませんから。

 

 

お笑いでもいいです。

 

「これ面白いなー」と思ったらメモする。

 

 

ちなみに僕は面白いフレーズなどは

 

メモするようにしてます。

 

もちろん、然芸人のような面白い会話はまったくできませんけどね。

 

 

 

でも「自虐ネタ」「褒めて落とす」は

 

必ず覚えて慣れてください。

 

これできる人でモテない人はほとんどいませんから。

 

 

夏、頑張っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>