人妻と健全に不倫する方法

FullSizeRender (4)

お疲れさまです、Yujiです。

ブログの更新は

随分久しぶりになってしまいました。

みなさんお元気ですか?^^;

 

こっちでは桜も散って

お花見もそろそろ終わりかなーという感じです。

基本的にお酒はあまり好きじゃないので

酔っ払いが減るのは良いことだと思ってます(笑)

 

さて、今日は人妻についての考察です。

人妻さんについて

人妻は攻略しやすい職業(?)です。

かなりセックスレスな人が多いので

飢えています。

ただ、ほかの人にセックスを求めてしまうと

当然「不倫」ということになってしまいます。

こういう点は、風俗などで手軽に性欲処理できる

男性と違って、女性は不便ですよね。

まあ、出張ホストのようなものもありますが

まだまだ女性向け風俗は一般的ではないでしょう。

 

本能と理性の狭間で揺れている人妻はとても多いです。

といってもほとんどの人妻は

何もきっかけがなければ

そのまま不倫もすることなく、

旦那に抱かれることもなく

一生を終えていきます^^;

 

だからこそ、ナンパ師はやりやすい

人妻を誘ったら、食事、デートだけで終わらすな

人妻をうまく誘うことができたら、絶対に食事やデートだけで

終わらせてはいけません。

なぜなら、人妻にとっては旦那以外の男と行動しているだけで

リスクだからです。

「肉体関係はないよ」といっても疑惑はかけられてしまうわけです。

だったらセックスまでいってないと、お互いに損ですよね(笑)

 

人妻側も旦那以外の男の誘いに乗った時点で多少は意識しています。

エッチまでいかないと意味がない、ぐらい思っている人妻もいます。

もちろん実際にデートをしてみて「この男なしだな」って

思われてしまうこともあります。

ただ、こちらのスタンスとしては

極力セックスまでもっていくことが

当たり前だと認識しておいてください。

しかも、なるべく早く手を出してください(笑)

デートして何もしないと、逆にがっかりされます。

僕は以前、デートやカラオケに行って、

2、3回手を出さなかった人妻がいるのですが、

「なんで触ってくれないだろう、

 なんでキスしてくれないんだろう、って

 あの時思ってたよ^^;」

と人妻に言われたことがあります。

あとになって言われたんですけどね。

しかも2、3回あります(笑)

人妻は早く手を出してほしいと思ってる人も多いんですね。

(もちろん人によります)

 

びびらないこと

自分がナンパをした女性が結婚指輪をしていたり

人妻だとわかった瞬間にビビッてしまう男もいますが

強気でいってください。

僕も最初はビビッてましたが、

意外と誘われるのを待っていたり

しばらくナンパなんてされたことなくて、

声をかけられたことを内心喜んでる人妻もいますから。

人妻だとわかったら「ラッキー」だと思ってください。

 

人妻の知り合いがいる場合

友人、仕事の同僚、上司、部下、ママ友など。

人妻というのはとてもストレスが溜まります。

仕事と家庭の両立だったり、育児だったり、

専業主婦でもご近所づきあいだったり、

嫁、姑問題だったり、、。

ストレスを感じていない人はいないぐらいです。

なのでこちらが取るべきポジショニングは

「相談相手」です。

キャラによりますが、、

もしあなたが超オラオラ系で、どんな人でも

引っ張っていけるようなキャラだったらともかく、

そうでない場合は「相談相手」が

やりやすいと思います。

僕もオラオラ系とはほど遠く、

むしろ普段は口数は少ないほうなので

相談相手キャラがしっくりきました。

いわゆるいい人キャラですね。

いい人だけど恋愛に発展しない、、そんなキャラでした(笑)

自分のことばかりしゃべる男には向かないけど、

女性の話を聞ける男は相談相手になってあげてください。

そもそも自分の話ばかりで話の聞けない男は

モテませんけどね。

 

相談はマメに

相談はメールでも実際に会ってでもどちらでもいいですが

毎日会える状況でもなければ、マメにメールのやり取りを

してください。

その際は「大変だね」とか「気持わかる」「頑張ってるね」など

労ってあげる、認めてあげるような言葉を使ってください。

おそらく、旦那さんにはそういう労いの言葉をかけてもらっては

いないと思います(笑)

自分に共感してくれる、わかってくれてる、と思うだけで

女性は落ちます。たとえ旦那さんがいても。

ひたすら聞いて、共感してあげてください。

その際、アドバイス、解決策は必要ありません。

よく言われることですが、

男はすぐに結論を出したがる、

女はしゃべりたいだけ、

そこに不協和音が生じます。

正直僕も、女性のおしゃべりにはウンザリすることもあります。

でも「女はそういう生き物だ」と思っておくだけで

相手への接し方が全然違ってきます。

我慢すればするほど、セックスに近づきます。

 

実際、旦那さんとうまくコミュニケーションが

取れてる人妻は多くはありません。

旦那さんに何か話そうと思っても

「疲れてるから聞きたくない」と

冷たくあしらわれてしまうことも多いようです。

そんなことが続いて、旦那とは話したくもない、という状況だったり。

なので自分の話を親身に聞いてくれるあなたという存在は

人妻にとってはとても貴重な存在です。

 

ナンパで即!という手法ではなく多少の時間はかかりますが

あなたが人妻にとってなくてはならない存在になるので

口説きやすい、セフレにしやすい、などのメリットがあります。

実際、僕が数か月以上の長期的な肉体関係を結ぶのは

人妻の割合が高いです。

長期的な関係になるので、調教や開発もできますし

自分好みのプレイもしやすくなります。

本当に人妻は飢えてる分エロい人が多いです。

いつも良き妻、良き母でいることに疲れているので

あなたの前でだけリラックスして、欲望を開放して、、

という関係になってくれます。

人妻はいやだ、という人以外は試みる価値はあると思いますよ。

 

実際にどうやって口説くの

ひとつの例ですが、比較的なんでも話せる間柄になってきたら

下ネタを織り交ぜていくのが効果的です。

ただ、下品な言葉を言えとか、性癖を聞けとか

そういうことではありません。

おすすめの話題としては、

「世界の年間セックス回数ランキング」です。

某コンドームメーカーが何十か国を調査した結果、

日本が堂々の最下位なんです(笑)

これは「セックス 日本 最下位」などと検索すると

山のように出てきます。

データの信ぴょう性はともかく、ネタとしては使えますよね。

ランキングの載っているページをスマホで開いて

「こんな感じらしいよ~」と見せてもいいでしょう。

年度によって違いますが、ギリシャやフランスが1位のデータが

よく出てくる気がします。

ギリシャやフランスが130回以上で、日本が40回ぐらいと。

ただ、年間40回もセックスしてない夫婦のほうが

多いでしょうね。

なのでどういう調査をしたのかよくわからないのですが、、^^;

まあとにかく、「自分もセックスレスだな」と思わすことが大事です。

 

場所

口説く場所としては個室の居酒屋かカラオケです。

誘い方としてはもうオーソドックスに

「ちょっと飲み直しにいかない?」

「最近歌ってないんだよねー」

ぐらいでいいです。

僕はカラオケが多いです。

カラオケ行ってもろくに歌いません(笑)

「何か歌って」とか「歌声が聞きたい」と言われたら

仕方なく歌いますが^^;

「最近の曲わからないんだよねー」と

言っとけばいいいです。

人妻もたいてい「最近の曲」を知りません(笑)

カラオケボックスに入る目的は当然歌うためではなく、

美声で落とすわけでもなく、

おしゃべりするためです。

隣に座ってください。

 

黙って手を握る

これでOKならキスまでいける可能性が高いです。

(僕の経験上です)

 

もし手を握るのが怖い人は

「疲れてるでしょ、マッサージしてあげようか?」

というところからスキンシップを始めてください。

 

そのあとはテクニックはほとんどいらない

良き相談相手になって

二人きりになれる時点で

ほとんど勝負はついています。

 

人妻は肉体だけでなく心の癒しも求めているので

うまい言い回しやキラートークなどを意識する必要は

ありません。

(純粋なナンパは別よ)

 

しっかり個室で手を握る

キスをする

ホテルへ誘う

これだけです。

 

ホテルへの誘い方も深く考えないほうがいいです。

「次行きませんか?」

「二人きりになりたいです」

もしくは何も言わずにホテル街へ歩く

 

こんなもんです。マジで。

 

ほんと、試すか試さないかだけなので

ぜひあなたも頑張って人妻の性欲を

満たしてあげてくださいね。

 

ちょっと長くなってしまいました。。

お読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>